山からの湧き水が流れ込むビニールハウスで収穫されるクレソン

 秋田県藤里町藤琴の横倉地区で、ほのかな辛味とシャキシャキした食感が特徴のクレソンの収穫が行われている。山中のビニールハウスには湧き水が絶えず流れ込み、青々としたクレソンが育っている。


 同町藤琴の市川サツさん(82)は、30年ほど前からクレソンを通年栽培している。9日は、約15センチに成長したクレソンを摘み取り、丁寧に水洗いしていた。


 収穫したクレソンは、家族で食べたり町の直売所などに出荷したりするという。


 市川さんは「サラダにするとおいしい。寒いこの時期の出荷量は限られるが、清涼な白神の湧き水で育ったクレソンを味わってもらいたい」と話した。